航海日誌



 2019年4月25日(木)  交響曲 宇宙戦艦ヤマト
西崎義展代表念願だった「交響曲 宇宙戦艦ヤマト」。
その構想は「完結編」製作と同時であり、本来なら映画と同じ時期に公演する計画だった。

代表は言う。
「音楽としてのけじめ」
「フルオーケストラで後世にのこるものに挑戦したい」

そもそも西崎代表の音楽系譜は皆が知るところ。
その彼が一つの作品として作り上げたのが「交響曲 宇宙戦艦ヤマト」である。
映画のための作品ではない。
音楽としての完成された作品だ。

初演、舞台装置だけでも5000万円の費用をかけたという。(YFC本部機関誌 Vol.36・37合併号20P)

N響フルオケに実相寺昭夫氏の起用、最新の録音技術の投入・・・「シンフォニーは、私の10代の決して忘れえぬ思いで(同上合併号より)」、代表の思いが結集した作品がこの交響曲なのだ。


堅苦しいことを言えば、公演内容の著作権を考えたとき、製作依頼をした西崎義展代表が当時の筆頭者であると考えるのが無難であろう。(現在は知らないよ!)
羽田氏が完成した作品を西崎代表に渡し、ダメ出しを何度も食らったことは有名な話しである。




その意味で、『完成作品は唯一無二』である。
バージョン違いは二次的著作物の様なものだ。




5月4日、五反田・簡易保険会館、代表の母方の実家近くで無料招待公演された「交響曲 宇宙戦艦ヤマト」、あれから35年。。。

CGI-design 2004-2019 TTB/9rooms